ムダ毛処理による埋没毛

ムダ毛が生えていると、腕や足を出すファッションを気軽に楽しむことが出来ませんよね。それに、男性からの視線が気になります。恋人との楽しい時間を過ごすためにも、ムダ毛の処理はしておきたいところです。

しかし、皮膚の下に埋もれてしまったムダ毛がそのまま成長してしまうことはありませんか?それは「埋没毛」です。埋没毛はどうして起きてしまうのでしょうか?そのメカニズムと対策をお教えします。

埋没毛は、ムダ毛を処理するのに失敗してしまったときに出来てしまいます。

ムダ毛を毛抜きで抜くと、そこには小さな穴が開きます。その小さな穴を、皮膚は傷とみなして塞ごうとします。このとき、毛穴も塞がってしまうので、毛が出口を失ってしまうことになるのです。

こうなると毛は皮膚の下に生えるしかなくなってしまい、埋没毛になってしまうのです。

埋没毛を掘り出そうとして、皮膚に穴を開けて毛を出すことは根本的な解決にはなりません。またそこから出来た穴を塞ごうとして、毛穴が塞がれてしまうからです。

埋没毛を治すためには、ピーリングなどの角質ケアをして古い角質を取り除きましょう。角質の下に毛が生えなくなりますよ。角質ケアを定期的にすることで、埋没原因の角質を減らしていきましょう。

ムダ毛処理の回数を減らすために、今、エタラビなどの脱毛サロン(参考/脱毛 鹿児島)が人気だというわけですね。